ときどき晴れ?



どうせ降るなら激しく濡らしてよ









叩きつけるように音を立てて


髪の一本一本まで触ってよ








穏やかなスローな天気雨はもういいよ


そんなんより

痺れるみたいな雷を連れてきてよ







涙も同化させるくらい濡らして


メイクも服も、だいなしにしていいよ


ぜんぶあんたにあげるよ








天を仰いでひたすら濡れてたり

傘をささずにガシガシ歩いたり

そういうのが良かったりするのに






かわいい傘を持って

わたしの世界に堂々と入ってくるな



叫びたい

うまく伝わらない。心の中で怪物が常に暴れてるっていうのに。それを表現したい。




わからんけど、、こわい。


暑い。熱い。


イライラする。腹がたつ。煮えくり返って蓋が暴れとる。叫びたい。叫びたい。溜まっとる。




って怪物が言ってる。






誰にも分かられたくない。知られたくない。見られたくもない。


話してたら表情にすべて出る。怖いから話したくない。口を閉じてたら安心する。


近づくな。近づくな。バレてしまう。こわい。






そうやって壁を作ってたら、すごく寂しいことに気づいた。

わたしはわたしを表現したいのに、うまく表現できない。

わたしの中の怪物を見たら、みんなわたしを嫌うやろう。怖がってわたしを遠ざけるやろう。




そんな寂しさよりは、今の寂しさの方が何倍もましだ。孤独なんか怖くない。寂しいけど、安心する。自らひとりでいるしかなくなってしまった。






わたしがわたしを唯一表現できるのは、文字だけだとおもう。


文章を書いていたら、この右手で怪物を飼いならすことができた。今ではすっかり仲良しだ。


わたしは彼がすきだ。仕上がった文章を見ていると、彼はわたしの右手にすり寄ってキスしてくれるからだ。


ふわっとしてて、あたたかい。すこし潤っていて、体温を感じる。生きてるなあ。あんたもわたしも。


裏切らんといて。あんたも、わたしの右手も。一生一緒におって。大事にするからさ。


死ぬまでわたしに色をつけて。






不束者なんかじゃない。謙遜なんかするな、らしくない。堂々と胸張って立ってたい。絶対にこの世界にいたい。



生きづらいな。足場なんかほんの少しだ。

生きる



近づかんといて。






邪魔すんな。鬱陶しい。ひとりにして。















離れんといて。






さみしい。こわい。なんもわからん。
















嫌わんで。そこにおって。ずっとね。